CADPAC・MYPAC東北総括代理店。CAD/CAMとパソコンの(株)ネットワーク
What's News
推奨環境(作成環境)
  ScreenSize:1152×864以上
   Windows7、10
   Firefox 109
   Google Chrome 108
   Microsoft Edge 108

 

 


お問い合わせは(株)ネットワークまで

 

 
2023年 12月18日
CADPAC-CREATOR Ver25.0 のサービスパック3が公開されました。
CADPAC-CREATOR Ver24.0 のサービスパック5が公開されました。
2023年 9月22日
CADPAC-CREATOR Ver25.0 のサービスパック2が公開されました。
CADPAC-CREATOR Ver24.0 のサービスパック4が公開されました。
2023年 6月23日
CADPAC-CREATOR Ver25.0 のサービスパック1が公開されました。
CADPAC-CREATOR Ver24.0 のサービスパック3が公開されました。
2023年 4月7日
CADPAC-CREATOR Ver24.0 のサービスパック2が公開されました。
CADPAC-CREATOR Ver23.0 のサービスパック4が公開されました。
2023年 4月3日
CADPAC-CREATOR Ver25.0 のバルーンコマンド修正ファイルが公開されました。
2023年 3月31日
CADPAC-CREATOR 2D-Ver25.0 / 3D-Ver20.0 を順次発送します。
2Dは、次Verよりダウンロード形式になるため、今Ver25は、DVDインストールメディアとダウンロード形式の両方をお届けしています。
2021年 1月25日/3月26日
Windows10アップデートにより各種障害が出ています。
詳細は、以下の対処法をご参照ください。
2018年 5月7日
Windows10大型アップデート「April 2018 Update」(Version 1803)により
各種障害が出ています。
詳細は、以下の対処法をご参照ください。

 
 


Windows10アップデートによる各種障害
2021.1/25・3/26
・フリーズしたり各種動作が異常。
ラスターや外部貼り付けの画像が白抜けや黒潰しで印刷されてしまう。
◆回避策1
  1) CADPAC等のソフトを終了します。   
   
2) WindowsタスクバーのIME「A」や「あ」をマウス右クリックします。
 
   
3)ポップアップメニューより「設定」をクリックします。
 
   
4) Microsoft IMEの設定ダイアログが表示されたら、「全般」をクリックします。
 
   
5) 「全般」を下にスクロールし「互換性」の「以前のバージョンの Microsoft IME を使う」をクリックし、IMEバージョン変更をOKします。
 
   
6) 「以前のバージョンの Microsoft IME を使う」が『オン』に変われば設定は完了です。
 
 
◆回避策2
  回避方法1で解消出来ない場合は、
WindowsUpdateで表示される修正プログラム・品質更新プログラム等を
すべて適用頂くか、以下の修正プログラムの適用をご検討ください。
 
  ・Windows10 バージョン2004、20H2 : KB5001649
・Windows10 バージョン1909 : KB5001648
・Windows10 バージョン1809 : KB5001638
・Windows10 バージョン1803 : KB5001634
 
  Windows Update方法については、『マイクロソフト社』を参考にして下さい。
 
 
◆回避策3
  回避方法2で解消出来ない場合は、
以下の対象のKBをアンインストールして頂きますようご検討ください。
 
  ・Windows10 バージョン2004、20H2 : KB5001649、KB5001567、KB5000802
・Windows10 バージョン1909 : KB5001648、KB5001566、KB5000808
・Windows10 バージョン1809 : KB5001638、KB5001568、KB5000822
・Windows10 バージョン1803 : KB5001634、KB5001565、KB5000809
 
  アンインストール方法はスタートメニューをクリックし、メニューの「設定」をクリックします。
「Windowsの設定」ウインドが開きますので「更新とセキュリティ」をクリックします。
 「更新の履歴を表示する」をクリックします。
「更新プログラムをアンインストール」をクリックします。
対象となるKB番号のプログラムをダブルクリックして、アンインストールを実行して下さい。
 
  (新しい番号のKBがインストールされている場合、古い番号のKBはリストに表示されないのでアンインストール後にもう一度対象のKBが残っていないか再確認下さい。) 
 
 

 
 
 

  
 

Windows10大型アップデート
 「April 2018 Update」(Version 1803)による障害
2018.5/7
 Windows10アップデート後、CADPAC-CREATOR Ver20が
インストールできない問題への回避方法
  1)まず、CADPACのインストールDVDより、2Dプロテクションツールで
シリアルNo・バージョンが正しく表示されているか確認してください。
 
  2)CADPAC-CREATORのインストール時に
「ネットワークライセンス(新規)」を選び、インストールを完了してください。
(プロテクトのパスワードを確認しないので、インストールを完了することができます。)
 
  3)CADPACがインストールされたフォルダを開き
(Win10 64bitでは、通常C:\CADPAC\CREATOR\2D64.2000)
」を起動します。
 
  ネットワークライセンスが選択されているのでローカルライセンスに切替え、
「設定」を押して閉じます。
 
   
  これで、CADPACを起動できるかご確認ください。
 
 

 
 
 

  Javascript、CSS
印刷推奨
  A4・横
  背景印刷有り
検索キーワード
  CADPAC & ネットワーク
最近のIT関連ニュース
powered by まめわざ